ホワイトニング歯磨き粉は意味ない!?デメリットと効果とは!?

白い肌への憧れは女性のほうが多いですが、白い歯への憧れは男女問わず誰もがなれるならなりたいものですよね?

最近では、歯医者で行うホワイトニング以外にも、自宅でできるホームホワイトニングや、ホワイトニング歯磨き粉など。。。歯を白くするための方法は増えてきました。でも、実際に歯磨き粉なんかで白くなるのでしょうか?

今回は本当にホワイトニングの歯磨き粉は意味があるのか?について解説していきます!

本当にホワイトニング歯磨き粉は意味がない?

歯医者で行うホワイトニングは、過酸化水素水等が主成分の専用の薬剤を使って行います。

簡単に言えば、歯そのものを漂白するような形で白くしていきます。

私は歯科医院で働いていますが、もちろん個人差はありますがだいたいの人が2トーンくらいアップして白くなっていました。効果としてはやはり、かなり高いものですね。

では、ホワイトニング歯磨き粉はどのようにして白くするのでしょうか?

「ホワイトニング」と名前はついていますが、歯そのものを白くする効果はありません。

歯磨き粉に入っている『研磨剤』で歯の表面の着色汚れを落とすか、『研磨剤不使用』のものであれば、着色を浮かせて落とすことで白くしていきます。

自分の元々の歯の色より白くなるということはありません。

なので、「着色自体はそんなにしていないけど、歯そのものの色を白くしたい!」という人には向いていません。

歯磨き粉でホワイトニングする1つのデメリットとは?

1番のデメリットは『研磨剤』が含まれるものに関しては、歯を傷つけてしまう可能性が高いことです。

ホワイトニング歯磨き粉には研磨剤が使われているものがあります。この研磨剤には着色汚れを削り落とす効果がありますが、強く磨きすぎると歯の表面に傷がついて余計に着色しやすくなってしまうのです。

また、研磨剤は歯だけではなく歯茎も傷つけて炎症を起こしてしまうこともあります。

傷つけにくくするために、超微粒な研磨剤が使用されていることがありますが、歯周病によって歯周ポケットが広がっている人は、その隙間に入り込んでしまうことがあるので歯周病の人は注意が必要です。

また、中にはホワイトニング効果だけの歯磨き粉もあり、虫歯予防になる成分が入っていません。磨いて汚れを落とすことで虫歯予防にはなりますが、殺菌効果などはありません。

研磨剤不使用で虫歯や口臭予防に効果がある売れている歯磨き粉もありますので、そういったものはオススメです。

結局ホワイトニング歯磨き粉はおすすめできるの?

ホワイトニング歯磨き粉のデメリットなどを多くあげてきましたが、手軽に使えますし商品や使い方によっては、しっかりと効果がありますのでオススメできます。

研磨剤が入っていると歯が傷つく可能性がありますが、先ほどにもお伝えしたように研磨剤が入っていなくても、効果があるホワイトニング歯磨き粉もあります!

ホワイトニング歯磨き粉の効果は3つです。

  1. 歯の着色汚れを落として白くする
  2. 歯のミクロ単位の小さな傷を修復して白くする
  3. 歯をコーティングして着色を落とす

ただ、すべてのホワイトニング歯磨き粉に、この3つが当てはまるとも限りませんし、たくさん種類があるのでどれを選んだらいいかわからないですよね?

そういう時は入っている成分で選びましょう。

  • ポリアスパラギン酸 (着色汚れを浮かす)
  • 薬用ハイドロキシアパタイト (ミクロの傷を修復する)
  • マクロゴール400 (着色汚れを落とす。研磨剤ではない)
  • メタリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム (着色汚れを浮かす効果と防ぐ効果)
  • ポリリン酸 (着色を除去する効果と殺菌効果)
  • PEG-8 (着色を落とす効果が高い)

などが含まれている歯磨き粉は、とくに効果が高いです。

逆に、研磨剤と言われる『リン酸水素カルシウム』や『無水ケイ酸』などは着色を落とすと同時に歯を傷つけてしまう恐れもあります。

歯磨き粉によっては研磨剤や基材、清掃剤などと書かれています。

また、無水ケイ酸などの研磨剤が入っていても「研磨剤不使用」と表記されていることもあります。

これは、同じ成分でも研磨剤の用途として使われていないときです。

なので、「研磨剤不使用」と書かれているものを選ぶのがいいですね。

私がオススメするホワイトニング歯磨き粉は、「はははのは」というものです。

今一番売れている商品なので、ぜひ使ってみてくださいね!

別のブログで歯科衛生士さんがはははのはの口コミと実際に使ってみた効果の詳細を書いてくれていますので、参考にしてください!

ホワイトニングが歯磨き粉の効果を高める使い方

①市販の歯磨き粉で着色がひどい部分を磨く

これでより、ホワイトニング歯磨き粉の成分が浸透しやすくなります。

ただ、強い力で磨くことは止めましょう。

②ホワイトニング歯磨き粉で磨く

ムラができないように全体的に細かく丁寧に磨きます。うがいは軽くでOKです。

口の中に残った成分が着色に付着して汚れを落とす効果が高まります。

③フッ素を塗る

ホワイトニング歯磨き粉を使用した後は、歯が一時的に敏感になっているので、フッ素でコーティングすることがおすすめです。

コーティングすることでホワイトニングの成分を閉じ込めておくことにもなります。

まとめ

  1. ホワイトニング歯磨き粉は汚れを落として歯を白くしてくれる
  2. 研磨剤の多いホワイトニング歯磨き粉は歯を傷つけてしまうことがある
  3. 成分を見て歯に優しくホワイトニング効果の高いものを選ぶ

普通の歯磨き粉もホワイトニング歯磨き粉も効果や特徴を理解して自分に合ったものを選びましょう!!

関連記事

オーラパール 薬局

オーラパールは薬局でも買える?最安値の販売店を紹介します!!

ホワイトニング歯磨き粉って即効性あるの!?良い歯磨き粉を上手に選ぶポイントとは?

オーラパールって口臭・歯周病にも効果があるの?

ホワイトニングを自分でやる2つの方法とは!?自宅で簡単に白い歯を手に入れよう!!

オーラパール 研磨剤

オーラパールって研磨剤が入ってるけど大丈夫なの!?危険な成分か調べてみた!!

歯医者に行くべき!?歯の付け根が痛い3つの原因と対策法とは?