妊娠中のホームホワイトニングは赤ちゃんに悪影響!?

妊娠中は普段使っている、さまざまな食品、薬などを避けるように指示を受けますよね。

今まで継続していた、サプリメントが飲めなくなったり、運動ができなくなってしまったり、そのなかにはホームホワイトニングも含まれます。

一度始めると、継続していかなくてはならないホームホワイトニングですが、途中で妊娠が発覚して気が付かずに続けてしまった!!」という事もあるかもしれませんね。

そんな場合、赤ちゃんへの影響が気になりますよね。

または、「妊娠してから歯の色が濃くなってしまった!!いつになればホワイトニングをはじめられるの?」と悩んでいる妊婦さんや、「妊活中でも始めていいの?」と悩んでいる方もいらっしゃるはず。。

もしかするとホワイトニングをしなくてもその悩み、解決するかもしれませんよ?

今回はそんな妊娠中のホームホワイトニングについての疑問にお答えします。

どうして妊娠中はホームホワイトをしてはいけないの?

ホームホワイトに限らず、歯医者さんで行うホワイトニングの薬剤のほとんどは『過酸化水素』と『過酸化尿素』を用いたものです。

これらは妊娠中の使用は、絶対禁忌とされています。

その理由は、妊婦さんまたは胎児への安全性が確立されていないからです。

簡単に言えば、「悪影響がないともあるとも言えないから、とりあえず妊娠中は避けてね」という事です。

妊娠中に多くの薬や健康用品が禁止とされている理由がこういったものですが、大切な赤ちゃんとお母さんの健康のため、後悔しないために妊娠中のホワイトニングは控えましょう。

妊娠初期は要注意!?赤ちゃんにとって重要な時期

特に気をつけて欲しいのが、妊娠初期です。

まだまだつわりに気がつくか気がつかないか、妊娠も検査薬をしなければ発覚しないような時期ですが、赤ちゃんの様々な重要な器官が出来上がっています。

この時期、お母さんの摂る食品や薬は赤ちゃんに大きな影響を与えると考えられています。

万が一にでも妊娠が考えられるときには、ホームホワイトニングは避けるようにしましょう。

妊娠中にホームホワイトニングをしてしまった!!赤ちゃんに影響は!?

もしも、妊娠に気がつかずホームホワイトニングを継続していたとしても、慌てないでください。

最初に説明したように、ホームホワイトニングが妊娠中に禁忌とされている理由は、安全性が確立されていない為です。

今のところ、ホワイトニング剤が原因で胎児に影響が出たという報告は、確認されていません。

心配しすぎてお母さんのストレスになってしまう方が、赤ちゃんには悪影響ですので、慌てず。
もし心配であればかかりつけのお医者さんや歯医者さんで相談するようしましょう。

ホームホワイトニング中に妊娠が分かった場合は、すぐに中止するようにしましょう。

妊娠中や授乳中に歯の色が気になる場合は我慢するしかないの?

歯医者で行うホワイトニングのほとんどは、妊娠中禁忌となっているので行う事は出来ません。

しかし、「妊娠してから歯の色が気になりはじめた」という方が多くいます。

「赤ちゃんに栄養を取られて、歯がもろくなったせい?」と、かなり多くの方が勘違いしているように思いますが、妊娠によって栄養が取られ歯が弱くなってしまう事は一切ありません。

なんで歯の色が変わったり、虫歯ができるの?

妊娠初期の辛いつわりで、「歯ブラシを口に入れるだけで気持ち悪い…」なんて方も多いはず。

そういった場合、いつも出来てきたような歯磨きが出来ず、その上、妊娠中は食べ物の好みが変わってしまったり、偏ってしまいがちです。

その為、着色のつきやすいチョコレートなどの食品を頻繁に摂る事が原因で着色や虫歯ができてしまう場合が多くあります。

その場合には、歯医者さんでクリーニングを受ける事ですぐに綺麗になりますので、ぜひ歯医者さんに相談してみましょう。

出産後いつからホームホワイトニングができるの?母乳に影響は?

ホワイトニングの薬剤は、授乳中も禁止とされています。

こちらも妊娠中と同じ理由で、母親の体内に入ったホワイトニング剤が赤ちゃんに対して安全かどうか分からないからです。

ですので、ホワイトニングを始めるタイミングは授乳が終わったころと言えます。

ですが、

妊娠中~授乳中の間に、歯石や汚れが歯についてしまっていると、十分な効果が得られなかったり、虫歯ができていると、症状の悪化が考えられます。

なので、妊娠中でも使用できるホワイトニング歯磨き粉がオススメです。

歯磨き粉には、先ほど説明した『過酸化水素』『過酸化尿素』などのホワイトニング薬剤は、入っていません。

薬剤を使っていないので、ホワイトニングに比べると効力はありませんが、身体にかかる負担はないので、安心してホワイトニング出来ますよ!

妊娠中にもホワイトニングしたい方や、予防したい方は売れているホワイトニング歯磨きジェルランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

→歯科衛生士が選ぶホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング!!

妊娠前・妊活中のホームホワイトニングは?

妊娠前のホワイトニングは、薬剤が体内に入ったとしても分解され消化されると言われ、身体に蓄積される物ではないので、妊娠前にホワイトニングをしていたからといってその後の妊娠に影響は無いでしょう。

しかし、妊活中の方はいつ妊娠が始まるか分からない状況ですので避けた方が安心です。

まとめ

お腹の赤ちゃんの安全の為にも、ホームホワイトニングに限らず、歯医者さんで行うホワイトニングは妊娠中は、絶対に避けましょう。

長い妊娠生活、悪影響が確認されてないなら、少しくらいと思うこともあるかもしれません。

しかし、胎児に対しての影響が報告されていないとはいえ、なにかあった時に辛い思いをするのは、赤ちゃんとお母さんです。

赤ちゃんとお母さんの健やかな未来の為にも本格的なホワイトニングは、子育てがひと段落ついてからにしましょう。その時からでも決して遅すぎる事はありません。

でも、

  • 妊娠中だけど、ホワイトニングを始めたい…
  • 妊娠中だけど、ホワイトニングは続けたい…
  • 授乳中だけど、ホワイトニングを始めたい…
  • ホワイトニングしたいけど、忙しくてなかなか行けない…

こんな方は今すぐに始められて、赤ちゃんにも影響のないホワイトニング歯磨きジェルはかなりオススメですよ!

→歯科衛生士が選ぶホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング!!

関連記事

関連記事がありません。