その歯の黄ばみは生まれつきだった!?元から黄ばむ3つの原因と白くする方法とは!?

「しっかり歯を磨いているし、タバコも吸わないのになかなか歯の黄ばみがとれない...」

「食生活のせいかな?」

歯の黄ばみの原因には日々の生活習慣が関わっていることが大半ですが、中には生まれつきや、小さいころの習慣などが原因の場合もあるのです。

それはどんな原因なのか、白くする方法はないかお話していきます!

歯が元もと黄ばんでいる3つの原因とは?

まず、着色のほかに歯が黄ばんで見える原因は、歯の構造にあります。

歯は、象牙質という部分がエナメル質に囲まれてできています。この象牙質には色がついていて、象牙質の色が黄色くなったり、エナメル質が薄くなることで中の象牙質の色が見えやすくなって黄ばんで見えるのです。

元々歯が黄ばんで見える原因として、エナメル質が原因のことがあります。

◆エナメル質形成不全

それは「エナメル質形成不全」という先天性異常です。

歯のエナメル質が作られるときに何かしらの原因があってエナメル質がうまく作られないのです。エナメル質が薄いということは中の象牙質が見えやすく歯が黄色く見えてしまいます。

◆「テトラサイクリン系抗生物質」による歯の変色

他には、「テトラサイクリン系抗生物質」による歯の変色です。

テトラサイクリン系抗生物質とは、肺炎や呼吸器の病気、ひどいニキビなどの細菌の感染症などの治療に使われている薬です。

歯が作られていく0歳~12歳のころにたくさん摂取してしまうと黄色やグレーに変色してしまったり、しま模様ができてしまうことがあります。最近ではあまり使われていることはありませんが、小さい子供や、妊娠中、授乳中には注意が必要です。

◆遺伝的な病気や代謝異常

遺伝的な病気や代謝異常が関係していることもあります。

先天性ポルフィリン病低フォスタファーゼ血症や、母親が糖尿病のときなどがあげられます。

いろいろと原因をあげましたが気になるのは、歯が白くなるのかというところですよね。

ホワイトニングや歯磨き粉で白くなる?

歯科医院で行うホワイトニングでは、専用の薬剤を使い歯の内側を漂白するような形で歯を白くしていきます。

なので、元々黄ばんでいる歯でも少しは白くなります。

ただ、回数を重ねても劇的な変化はありません。

ホワイトニング歯磨き粉は歯の汚れを分解したり、着色を落とすことで白くなる効果があります。

なので、元々の黄ばみへの効果はありません。

生まれつき黄ばんでいる歯を白くする3つの方法とは?

生まれつきだから...といって歯を白くすることを諦める必要はありません。

歯を白くする方法はいくつかあります!

①歯のマニキュアを使う

一つ目は、歯のマニキュアを使用することです。

歯のマニキュアとはその名の通り、歯専用の白いマニキュアのようなものを塗り歯の色を白くしていきます。自分でできるものや、歯科医院でしてもらうこともできます。

自分でするほうが安くは済みますが、効果の持続性や自分に合った色の種類が選べる点、仕上がりのきれいさではやはり歯科医院で行うことをオススメします。

自分でできるものは基本的に歯磨きで色が元に戻ってしまうものがほとんどですが、歯科医院では13ヵ月の効果があります。

ラミネートべニアとプレジール

2つ目は、ラミネートべニアプレジールです。

簡単に言えば、つけ爪のようなものです。自分の歯を0.5ミリ程度削り、白い歯を上から貼り付けます。

プレジールも同じような治療ですがラミネートベニアと違い、自分の歯を削る必要はありません。

③セラミック

3つ目はセラミックでの治療です。

この治療では、自分の歯を大きく削りその上から周りの歯に合わせつつ、自分のなりたい色や歯の形に作ったかぶせ物をつけていきます。

セラミックでの治療は複数の歯をセラッミックにすることで歯並び改善にもなります。

3つ歯を白くする方法を紹介しましたが、どの方法が自分には合っているのか。値段や期間はどれくらいなのか。いろいろな疑問や不安がでてきますよね?

まずは、歯医者さんに相談してみるのが1番です。

原因や歯の形などによってもどの治療法が最適なのかは変わってくるので、プロに相談して自分に合った治療法を見つけてもらいましょう!

そもそも日本人は元々歯が黄色い!

最初に、色がついている象牙質をエナメル質が囲んでいるとお話しましたが、アジア以外の外国の方はこのエナメル質が分厚くできています。

分厚いと色のついている象牙質が見えにくくなるので、歯が白く見えるのです。

少しの改善策ではありますが、フッ素入りの歯磨き粉などを使ってエナメル質を強くすることができます。

エナメル質の強さは歯の白さだけでなく、虫歯予防など歯の健康にもつながりますよ。

まとめ

  1. 生まれつき歯が黄ばんでいる原因には先天性のものや、歯が作られる時期の行動が関係している
  2. ホワイトニングやホワイトニング歯磨き粉での効果は低いが、それ以外にも歯を白くする方法はある
  3. 国によっても歯の色には違いがある

生まれつきだから...と諦めずにまずは歯医者さんに相談してみましょう!

今は様々な技術がありますので安心して下さいね。

関連記事

なんで歯は黄ばむ!?歯科衛生士が教える原因と白くする方法とは!?

タバコのヤニはホワイトニングでは落ちない!?しっかりと黄ばみを落とす方法はこれ!...

ホワイトニングしても根元が白くならない原因と対処法とは!?

歯の黄ばみが消しゴムで簡単に落とせる!?使いすぎには注意!!