なんで歯は黄ばむ!?歯科衛生士が教える原因と白くする方法とは!?

近年、歯の大事さが日本でも認識されてきました!

海外では、「口の中の状態が良くないと、ちょっと軽蔑されちゃう!」なんて話も風のうわさに聞くくらい、世界的に『口の中って大事』という考えが広まってきています。

むし歯や歯周病は歯磨きや定期健診でしっかりケアしてもらえば、予防できることを知っている方は多いと思います。

でも、みなさんが気になっているけど、どうしようか困っているものが黄ばみ。カッコよく言いかえればステインです。

「食後の歯磨きを欠かさない!」「汚れは全然ないよ!」と自信満々なそんな皆さんでも案外抜けてたりするんですよね。

で、その黄ばみは会話相手にはしっかり見られてます!

営業先の人や合コン相手に「あ、あの歯の黄ばんだ人かぁ」なんて覚えられ方しないように、今回はしっかり原因や予防法など紹介させてもらいます!

あなたの黄ばみの原因を探しましょう!

まずは黄ばみと一概に言っても、いろんな種類があります。

◆着色しやすい嗜好品

  • 色の濃い食べ物(カレーなど)、飲み物(コーヒー、紅茶、ワイン)が大好き
  • タバコを吸っている

第一に考えられるのは上の二つ。

まさに茶渋のような感じ。

ヘビースモーカーの人はそれがどんどん濃くなって黒くなっている人も!

◆むし歯・歯石がある

むし歯は穴が開くだけではなく、茶色くなったり黒くなったりもします。

歯石も白いイメージを持たれがちですが、案外黄白色で黄ばんで見えます。

しかも、表面がざらざらしてるので、汚れも色もつきやすい!

◆加齢による黄ばみ

黄ばみの落とし穴です。

実はどんなにきちんと磨いている人でも加齢には勝てません。。

歯は実は3種類の層があり、エナメル質、象牙質と言います。

  • 物をかむところ → エナメル質
  • 歯茎に埋まっている根っこのところ → 象牙質

象牙質は、エナメル質に比べて少し黄色い色をしています。

長年の歯磨きで少しずつエナメル質が削れて薄くなって透けて黄ばんで見えたり、

そもそも象牙質の黄色が濃くなったりしちゃうんです。

◆どれにも当てはまらないのに歯がグレー色で縞模様

こんな人もいることでしょう。

それは悲しいことですが、お母さんのお腹の中にいる時に原因があります

近年ではあまり使われないように配慮されていますが、お母さんが妊娠中にテトラサイクリン系のお薬を服用してしまうと、赤ちゃんの永久歯がグレー色になってしまいます。

妊婦さんや妊活中のお母さんたちは気を付けたいところですね!

それでも当てはまらない方

実は、とっても歯磨きが苦手さんなのかもしれません!

歯は汚れれば汚れるほど、色がつきやすくなると思ってください。

上で歯石に色がつきやすいとお話したのも同じことなんですね。

この項目にチェックされたあなた!

一番ショックな答えだったかもしれないけれど、今気づけたのは「ラッキー」だと思ってくださいね。

原因がわかったところで、つぎは歯を白くする方法と黄ばまなくなる方法のお話。

黄ばんだ歯を白くする方法と予防策とは?

まず、タバコやコーヒーや紅茶でついた黄ばみをとるには、歯医者さんに行ってホワイトニングしてもらうか、ホワイトニング歯磨き粉でしか落とせません。

黄ばみは専用の物じゃないともうとれない汚れと認識でも言い過ぎではないかもしれません。

黄ばみって実は言い方が違うだけで、歯が汚れているんです。

歯垢がべっとりついてるわけじゃないけど、実はうっすらと残っていて、そこにタバコのヤニやコーヒーの色がたまって、また汚れがうっすら・・・

この繰り返しでどんどん黄ばみは濃くなっていきます。

黄ばみをとりたい方は、まず安くて始めやすい、ホワイトニング用の歯磨き粉を続けてみることをオススメします。

効果が出るまで1ヶ月以上かかる方もいますが、自然な白さにしたい方はオススメですよ!

あとは、歯磨き粉選びも大事です。

歯磨き粉の中に『研磨剤』が多く入りすぎて歯の表面を傷つけてしまうものや、キツすぎる成分を使っていて体によくないものも多いです。

数ある歯磨き粉の中から、歯科衛生士の私が厳選したランキングで作っていますので、歯を白くしたい!予防をしたいと言う方は必読です!

→歯科衛生士が選ぶホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング!!

逆に、お値段がはっても良いから即効性を求めるのなら、歯医者さんで黄ばみをとってもらうのが良いです。

保険がきかないのでちょっとお値段は張るし(2~3万/回で2,3ヶ月間隔)、個人差があって「お金を出したものの白くならなかった」なんて人もいますが、1トーン2トーン白くなります。

芸能人みたいなキラキラな白い歯を手に入れることが出来ます!

ただ、むし歯の治療をした歯は白くできないので、詰め物をやり直してもらう追加の治療が必要になっちゃいますのでご注意を!

さらに、お薬の作用で知覚過敏になるリスクがあったりするので、いろんな歯医者さんに行ってのカウンセリングをオススメします。

ついでに、歯磨き指導も受けてくださいね!

さらにホワイトニングの歯磨き粉で上手に歯磨きできれば、ぐっと減ると思います。

あとは、普段の生活でもタバコを吸った後、コーヒーやお茶を飲んだ後、お水でうがいするだけでも変わってきたりもします。

お口全体を水洗いするようにうがいしてみてくださいね。

まとめ

以上、歯の黄ばみの原因と白くする方法でした。

  • 歯磨き粉は即効性はないですが、コスパよくホワイトニングもできて、歯磨きだから予防もできる!
  • 歯医者のホワイトニングは、高いが即効性もあって一回の効果はある!(2,3ヶ月に1回は必要)

やっぱり歯のことは歯磨きが一番効果的です!

悩んでいる方は、はじめやすい歯磨き粉から初めてみるのがオススメです。

それでどうにもならない場合は、歯医者さんに行ってみましょう!

見た目もキレイに良くして、お口の中の健康も一緒に守っていきましょう!

→歯科衛生士が選ぶホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング!!

関連記事

ホワイトニングしても根元が白くならない原因と対処法とは!?

歯の黄ばみが消しゴムで簡単に落とせる!?使いすぎには注意!!

タバコのヤニはホワイトニングでは落ちない!?しっかりと黄ばみを落とす方法はこれ!...

その歯の黄ばみは生まれつきだった!?元から黄ばむ3つの原因と白くする方法とは!?