虫歯を自分で削るのは絶対にダメ!!自分で出来る3つの対策方法とは!?

虫歯だと気がついた時に「歯医者さんに行かなくても、これくらいの虫歯なら自分で削って治せないかな」と考えていませんか?

確かに風邪を引いたくらいでは病院に行かない人も多数いますし、少しの虫歯なら自分で何とかなるのではないかと言う気持ちは分からないではありません。

でも、人は自分の口の中を見る事はできません。

歯磨きですら手探りでやっていてキチンとできていない事が多いのです。

自分で虫歯を削る行為は危険です。

今回は

  • 自分で虫歯を削るのはどれほど危険なのか?
  • 実際に自分で削っている人はいるのか?
  • 実は自分で治せる虫歯もある!

虫歯を自分で削ろうと思う人がいなくなって欲しいので、この3つについて解説したいと思います。

自分で虫歯を削るとどれ程危険なの?

冒頭でも危険だと言いましたが、その理由はエナメル質を削ってしまうからです。

エナメル質については、『虫歯が痛い日、痛くない日がある理由とは?放っておくと…』詳しく書いていますので読んで下さい。

エナメル質を削るとなにが起こるの?

『虫歯の痛み・知覚過敏の痛み』どちらもエナメル質が壊れて象牙質がむき出しになるせいで起こります。
象牙質には歯の神経と繋がる管があるために、神経が刺激されて痛みが起きます。

自分では少し削っただけのつもりでも、この象牙質が出てしまう事もあり得るのです。

健康な歯も傷付けてしまうリスクもある

自分で雑な削り方をすれば、健康な歯のエナメル質も傷つけてしまうかも知れません。

エナメル質が傷ついた歯は、虫歯や知覚過敏などのトラブルに見舞われやすくなります。

せっかくの健康な歯をダメにしたくありませんよね?

虫歯は削っただけではダメ!

歯医者さんでは削った後に、必ず消毒をして詰め物を詰めます。

削った所がむき出しのままでは神経が刺激されますし、食べ物のカスなどが入りやすくて不衛生になり、結局また虫歯になってしまいます。

さらに、自分で虫歯を削ろうとする人には、虫歯の形についても考えて欲しいです。

虫歯の表面は小さな穴が開いているだけに見えても、中は大きくなっているのです。

だから、思っているよりも歯を大きく削らなければ虫歯を取り切れないのです。

自分で虫歯を削っても、虫歯が残っている可能性が大きいのです。取り切れない虫歯は悪化していくだけです。

つまり、自分で削るだけ時間の無駄です。

本当にいる!?虫歯を自分で削る人!

ネットでこんな女性を見つけました。

この女性は歯医者さんに相談できるサイトに、自分で歯を削った事を相談していました。

自分で削った女性の事例】

彼女は幼い頃から虫歯が多くて、治療済みの歯が再び虫歯になる事も多かったそうです。結果、彼女の奥歯はほとんど虫歯の治療跡だらけになりました。

これは歯医者さんの技術が未熟な為だと彼女は考えました。

そして、良い歯医者さんを見付けるのは困難だと諦めてしまった彼女は、自分の歯を紙やすりで削ってしまったのです。虫歯で茶色くなった部分が無くなれば、それで良かったし、どうせ何をしても虫歯がひどくなるのだから削って歯が無くなっても構わないと思ったそうです。

自分で虫歯を削る悲しい事実

せっかく勇気を奮って歯医者さんで治療を受けても、この女性のように治療に納得ができず、歯医者さんと話し合いもできなかったら、精神的に追い詰められてしまうのではないでしょうか。

この女性はまだ小さなお子さんがいて、遠くの歯医者さんには通院ができない事情がありました。余計に追い詰められて「もう歯医者さんには頼れない…自分で何とかしなくては…」と思い込んで、歯を削ると言う行動に出てしまったのでしょう。

歯を削らず自分で治せる虫歯とは!?

虫歯になった時に自分でできる事を説明します。

それは決して自分で歯を削る事ではありません。

自分で治せる可能性があるのは『初期虫歯』だけです。

進行すれば、やはり歯医者で歯を削る必要があります。

初期虫歯とは歯の表面が白く濁った状態に見えて、痛みはありません。

歯医者さんの指導が必要になりますが、初期虫歯を治す方法は次の3つです。

  • フッ素入りの歯磨きを使う
  • 虫歯予防のガムを噛む
  • 歯間ブラシ・デンタルフロスを使う

フッ素入りの歯磨きを使う』『虫歯予防のガムを噛む』この2つの方法で、再石灰化を促して初期虫歯を治します。

また歯磨きだけでは、実は7,80%しか歯垢は取れません。

歯間ブラシやデンタルフロスを使う事で、歯磨きだけよりも歯垢の除去率が上がります。

※再石灰化とは、唾液の中のカルシウムやミネラルを、エナメル質(歯の表面)に再吸収して歯を修復してくれる事です。

今は歯医者さんも虫歯は削らない?

現在は歯医者さんの間でも『歯を削る事は歯の寿命を縮めてしまう』と言う考えが主流になりつつあります。虫歯の治療は初期虫歯の内に削らずに治すのです。

それでも、まだ自分で虫歯を削りたいですか?

虫歯だって自分の歯だから、大切にして下さい!

自分で虫歯を削る事は危険ですし、虫歯を全て取り去る事は無理だとわかって頂けたと思います。

自分で虫歯を削る事は、治療ではありません。自分の歯を傷めつけているだけなのです。

歯医者さんとの関係を大切にしよう!

初期の虫歯を見付けるためにも、痛みが無い時でも歯医者さんに行くべきです。

虫歯予防についても色々と相談できますから、先程の女性のように治療に不信感を覚えているなら、なおさら歯医者さんと話し合ったほうが良いのです。

新しい歯医者さんを探すのもOK!

ですが、患者の私たちと歯医者さんにも相性があります。

「治療について説明をしてくれない!」など、こちらの要望を聞いてくれないとか、どうしてもこの歯医者さんとは合わないと感じたら思い切って新しい歯医者さんを探してみるのも良いのではないでしょうか。

皆さんも信頼できる歯医者さんが、きっと見つかるはずです。

自分で歯を削ろうとする前に、そんな歯医者さんを探して下さい。

勝手に歯を削られると、歯医者さんが立てていた治療計画も狂ってしまいます。くれぐれも、自分で歯を削らないようにしましょう!

関連記事

親知らずの生える場所に注意!!どこに生えるか知らないとヤバイ3つの知識とは!?

仮詰め中の虫歯が痛い!?すぐ取れる!?そのまま放置すると...

生後9ヶ月で歯が生えない!?生える前兆を知っておこう!!

痛くないけど虫歯が真っ黒!?黒い歯は必ず虫歯なのか!?

前歯の裏が虫歯かも!?痛いと思ったらすぐに治療を!!

グリコのポスカ ガムの効果が無敵すぎる!?もう鬼に金棒です!!