親知らずの生える場所に注意!!どこに生えるか知らないとヤバイ3つの知識とは!?

疲れた時などに「奥歯が痛いな…」と思うことはありませんか?

その時感じる痛みは、虫歯の痛みと少し違うのではないのでしょうか?

そんな時に「これは親知らずかも知れない…」と思うかも知れませんね。

または「親知らずが虫歯になって、結局抜いたんだけど痛くて大変だったよ…」

こんな話を誰でも1度は聞いたことがあるではないでしょうか。

「自分も親知らずなのかな?」そう思うあなたは、親知らずの事をキチンと知っているでしょうか。

これを機会に一度、親知らずについて再確認してみましょう!

  • 親知らずとは何か?どこに生えるのか?
  • 親知らずにはどんなトラブルが起きるのか?
  • 親知らずで起きたトラブルにどう対処するのか?

この3つについて解説します!!

親知らずが生える場所は?

親知らずが生えてくる場所は、一番奥の歯のさらに奥に生えます。

大人の歯は、上下左右で各2本ずつ、合計8本の奥歯が生えます。(これを臼歯と呼びます)

親知らずは2本の奥歯が生えた後に生える、3番目の奥歯の事で第3臼歯とも呼ばれます。

すべての親知らずが生えると上下左右で、合計4本になります。

すべてが生えるとは限りません

すでに2本の奥歯の成長が終わった後に生えてきますから、大体親知らずのための場所はほとんど残っていません。

ですから、親知らずは出てくる事もできずに顎の骨に埋まったままになるか、生えてきても中途半端に頭だけを出していたり、変な方向を向いていたりします。

これが、親知らずがトラブルを起こす原因になるのです。

いつ頃生えてくるの!?

子どもの乳歯が、全て大人の永久歯に生え変わるのは普通15歳前後ですが、親知らずはそれ以降20代から30代にかけて生えてきます。

親が知らない間に生えるので、親知らずと呼ぶのです。

親知らずが生えると何が起こるの?

親知らずが生えると起こるトラブルは主に次の3つです。

虫歯
生えてくる場所が1番奥であり、変な方向を向いている事が多いので、ブラッシングができずに虫歯になることが良くあります。

歯肉炎
親知らずが中途半端に頭を出している場合は、歯肉に炎症を起こすことも多く、腫れや痛みの原因になります。

嚢胞による炎症
親知らずが完全に顎の骨に埋まっていても、その周りに嚢胞(中に液体が溜まった袋)ができて炎症を起こす事があります。

こうしたトラブルの場合は親知らずは抜きます。

しかし、親知らず意外の歯も抜かなければいけない場合もあります。

隣の歯も道連れにしてしまう親知らず

親知らずが横向きに生えている場合は、隣の歯を圧迫する事があります。

そうして隣の歯を吸収してしまうのです。

また横向きの親知らずが虫歯になると、隣の歯も虫歯になる危険があります。

そうした事になる前に処置をしなくてはなりません。

親知らずのトラブル、どうすれば良い?

親知らずが虫歯になると、生えている場所のせいで治療がとてもやり難く症状が悪化する例が多いのです。歯肉炎も親知らずがそのままでは、何回も繰り返します。

これらの理由から、トラブル解消の為に親知らずは抜いてしまう事が多いのです。

親知らずは生えている場所のせいでトラブルを起こすし、対処の方法も限られてしまうのです。

普通の抜歯よりも要注意!

親知らずを抜く事は、かなり身体に負担がかかります。

なぜなら、親知らずの生える場所にもよりますが、正常に生えているなら普通の歯を抜く時と差がないそうですが、親知らずの大部分が骨に埋まっている状態の時は、歯肉を切って取り出さなければいけないなど、やる事が大掛かりになるからです。

もし抜くと決めた時は、学校や仕事の休みが取りやすい時期にする事をオススメします。

私も一昨年、親知らずを抜きましたが、その後3日は腫れがひどく、食事も不自由(口が開かないし、物を噛む事ができなかった)でしたし、仕事に集中できませんでした。

親知らずの痛みは予防できない!?

虫歯や歯周病と違って、親知らずが生えてくるのは予防できません。

親知らずの事が心配なら、歯医者さんに相談するしかありません。自分の親知らずはどんな状態なのか、歯医者さんによく聞いて下さい。

それから、どのように対処して行くのか決めるのです。

もしあなたが親知らずを抜きたくないなら、その希望を歯医者さんに伝えてください。

定期的に検診をしながら様子を見てくれる場合もありますし、親知らずを矯正して正しい位置に動かす事もできるそうです。

元々抜かなくても良い親知らずかも知れません。

抜かなくても良い親知らずもある?

親知らずでも全て正しい方向に生えてきて、かみ合わせもキチンとしているなら抜かなくても良いのです。

少しくらい方向がおかしくても、入れ歯などのブリッジをかける為に親知らずを残しておく事もあるそうです。

信頼できる歯医者さんなら、無理に抜歯を勧める事はありません。

結果的に親知らずを抜く事になるかも知れませんが、その時は歯医者さんにキチンと説明を受けて納得できれば、抜歯についても前向きに受け止められるのではないでしょうか。

親知らずを抜くとどうなるの?

今までに紹介したトラブルが、親知らずが無くなる事で解消されます。

親知らずを抜いた場合、

歯肉炎の解消
親知らずがある時には疲れると歯肉炎を起こしていましたが、それが無くなって快適な生活を送れる。

かみ合わせ
親知らずがかみ合わせの障害になっていたため、抜いた事ですんなりと口が閉じられるようになる。

不安の解消
親知らずが虫歯になって、隣の歯までダメにする不安が解消され、精神的に楽になる。

親知らずが気になるのなら、勇気を持って第1歩を踏み出して下さい。

まずは歯医者さんに相談しないと、何も始まりませんからね!

関連記事

痛くないけど虫歯が真っ黒!?黒い歯は必ず虫歯なのか!?

前歯の裏が虫歯かも!?痛いと思ったらすぐに治療を!!

生後9ヶ月で歯が生えない!?生える前兆を知っておこう!!

虫歯の時にお酒はダメ!?悪化しない為の3つの注意点とは?

グリコのポスカ ガムの効果が無敵すぎる!?もう鬼に金棒です!!

虫歯に痛い日と痛くない日がある理由って!?放っておくと...