タバコのヤニはホワイトニングでは落ちない!?しっかりと黄ばみを落とす方法はこれ!!

体に悪いとわかっていてもついつい吸ってしまうタバコ。。

タバコは体に悪いだけでなく歯や歯茎にも悪影響があるんです。

1番わかりやすいのは「ヤニ」ですね。ヤニがついているとどうしても不潔感がでてしまいます。

そこで歯を白くすると言えばホワイトニング!

ホワイトニングでヤニはキレイになるのでしょうか?

ヤニを落とす方法は他にもあるのか。白くて清潔感のある歯に戻す方法を教えます!

なぜ、タバコを吸うとヤニがつくの?

色の濃いものを食べると歯にだんだんと着色がついていきますよね?

だけど、タバコってただの白い煙。。

では、なぜヤニがつくのでしょうか?

歯の表面は、『ペリクル』と呼ばれる唾液に含まれているタンパク質で、コーティングされています。

ペリクルとは?
虫歯の元になる食べ物の酸や、熱い食べ物や冷たい食べ物の刺激から歯を守ってくれます。

通常は、歯を守ってくれるペリクルですが、タバコに含まれるタールと結びついてしまうとヤニとなって歯をどんどん汚してしまうのです。

ですが、数時間以内にうがいや歯磨きをすれば大丈夫です!

ただ、半日から1日たつとペリクルとタールの結びつきが強くなって、歯磨きではなかなか取れなくなってしまうのです。

そうは言っても、タバコを吸った後ってなかなかうがいや歯磨きをする習慣がある人は少ないですよね?

ヤニがついてきてしまったらこれでは取れません。

では、どうやって落としていけばいいのでしょうか?

タバコのヤニはホワイトニングでとれる?

オフィスホワイトニング(歯医者さんにしてもらう)は着色やヤニを落として白くするというよりも、専用の薬剤で歯の内側から漂白していき、歯そのものを白くしていきます。

ただ、ヤニを落とすにはホワイトニングじゃなく、歯科医院で行うクリーニングがおすすめです!

歯科医院によってもクリーニングやその料金は様々ですが、2つの方法を紹介します。

超音波スケーラー

1つ目は超音波スケーラーでヤニを落とすクリーニングです。

これは、保険内で歯石取りとして行っている歯科医院もあります。ヤニは振動に弱いので超音波スケーラーを当てるときれいに落ちていきます。

ヤニと一緒に歯石もとることができるので、口の中の健康にもつながりますよ!

②PMTC

2つ目はPMTCと呼ばれるクリーニングです。

PMTCでは、専用の器具に研磨剤ペーストをつけて磨き上げていきます。

この研磨剤ペーストにはヤニや着色などの汚れを落とすもの、虫歯予防に効果があるものなど種類があり、それらを使いわけてきれいにしていきます。

PMTCをした後は、ヤニや着色もとれて歯がツルツルになります。

ホワイトニングがしたいときは、ヤニをクリーニングなどでとってから行うとより歯が白くなりますよ!

それぞれ値段はどのくらい?

ホワイトニングとPMTCは保険外で行われる自費診療です。

なので、値段は歯科医院によって違ってきます。

超音波スケーラーで行うクリーニングは基本的に保険内ですが、歯石ではなく、ヤニをメインとした治療になると保険外になる歯科医院もあるので注意です!

  • ホワイトニング           \15,000\50,000
  • PMTC(保険外でのクリーニング)  \5,000\20,000
  • 保険内でのクリーニング       \3,000\4000

値段を見てみると保険内でのクリーニングが圧倒的に安いです!

歯石取りも一緒にしてくれるのでおすすめですが、「徹底的に歯の見た目を綺麗に!」「舌触りをよくしたい!」という方にはPMTCがおすすめです。

まずは、「タバコのヤニを取りたい」と伝えてどんな内容でキレイにしてくれるのかいくらくらいなのかを聞いてみましょう!

ホワイトニング歯磨き粉もおすすめ!

歯科医院でのお手入れよりは効果が落ちてしまいますが、ホワイトニング歯磨き粉も効果があります!

  • ポリリン酸ナトリウム
  • ポリエチレングリコール(別名マクロゴール・PEG
  • ポリビニルピロリドン(別名ポピドン・PVP

この成分はヤニを落とすことに効果があるので、歯磨き粉を選ぶときはこの成分を探して選んでみましょう!

ホワイトニング歯磨き粉は即効性はないですが、

  • できるだけ安くホワイトニングしたい
  • ゆっくり自然な白さに戻したい
  • 今後ヤニがつかないように予防もしたい
  • 同時に虫歯・口臭・歯周病予防もしたい

という方には、とてもオススメですよ!

こちらにホワイトニング効果が高い歯磨き粉を紹介していますので、参考にしてみて下さい!

タバコを吸い続ける恐ろしさ…

タバコを吸う人は歯周病になりやすく、なった後も進行していくスピードが速いといわれています。

「歯周病ってみんななるものでしょ?」と思うかもしれませんが、日本人の歯がなくなる1番の理由は歯周病なんですよ!

たまに、歯茎が黒くなっている人を見かけますが、それもタバコが原因の一つです。

口臭もタバコによってきつくなってしまいます。

「百害あって一利なし」本当にそうなんです!

まとめ

  1. 歯の成分とタバコの成分が結びついてヤニができ、このヤニはタバコを吸って数時間以内だと、うがいや歯磨きで落とすことができる。
  2. タバコのヤニを落とすにはホワイトニング・クリーニング・PMTCなどの方法があるが、ホワイトニングはヤニを落としてからのほうが効果的。
  3. コストをかけたくない方は、即効性はないがホワイトニング歯磨き粉もおすすめ
  4. タバコはヤニ以外にも口腔内に悪影響を及ぼす

ヤニには、どんどん取れにくくなっていきます。

気づいたタイミングで始めるのが一番ですよ!

タバコのヤニは放っておかずにきれいに落としましょう!

→歯科衛生士が選ぶホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング!!

関連記事

なんで歯は黄ばむ!?歯科衛生士が教える原因と白くする方法とは!?

ホワイトニングしても根元が白くならない原因と対処法とは!?

その歯の黄ばみは生まれつきだった!?元から黄ばむ3つの原因と白くする方法とは!?

歯の黄ばみが消しゴムで簡単に落とせる!?使いすぎには注意!!